運動でダイエットする時は有酸素運動だけではだめ

運動でダイエットする時は有酸素運動だけではだめ

ダイエットの方法としてあるのが運動であり、主に有酸素運動をして脂肪燃焼をしていく方法になります。

 

 

有酸素運動はウォーキングやジョギングなどがありますが、これらは酸素をうまく取り入れながらの運動であり脂肪燃焼効果が期待できます。つまり、有酸素運動を毎日する事によってしっかりと脂肪が燃焼されて痩せていく事が可能です。有酸素運動の基本は毎日または2日に1回することであり、さらに1日に30分程度行うようにします。

 

 

有酸素運動が短いですと想像以上に脂肪が燃焼されないですし、長く行うと体に疲労が蓄積されて途中で辞めてしまう可能性があります。ですので、1日に30分ぐらいに抑えてうまく自分の体調を考えながら有酸素運動していきます。ただ、本格的にダイエットしていきたい人は、有酸素運動だけでなくて無酸素運動も取り入れるようにします。無酸素運動は激しい運動全般の事であり、身近なものですと筋トレがあります。無酸素運動は筋肉を鍛える効果があり、それがあなた自身の基礎代謝を上げる事になります。すぐに基礎代謝が上がるわけではないですが、長く筋トレをしていくと次第に基礎代謝が上がって、痩せやすい体になります。

 

 

私たちは、動く時だけにエネルギーを消費しているのではなくて、何もしなくても生命維持活動のためにエネルギーを消費しています。何もしなくても消費しているエネルギーが基礎代謝エネルギーになるので、基礎代謝を上げる事は痩せるためには大事な事になります。有酸素運動と無酸素運動両方を取り入れるのは今まで運動をあまりした事がない人にとっては最初は戸惑いますけど、慣れてくるとそれが習慣化してうまくできるようになります。

 

 

無酸素運動で基礎代謝を上げて、さらに有酸素運動で脂肪燃焼する事によって2つのダイエット効果が期待できますから、有酸素運動だけ行うよりも早く痩せる事ができます。いきなり有酸素運動と無酸素運動を取り入れると体が疲労しますので、まずは有酸素運動をしていき、慣れてきたら少しずつ無酸素運動も行います。

 

 

 

また、筋トレをする時には毎日同じ筋肉を鍛えると筋肉が回復せずに逆に傷んでしまう可能性があるので、同じ場所を毎日鍛えるのは控えるようにします。

 

 

数日ぐらい時間をあけて同じ場所は筋トレしていきます。運動はダイエット効果が期待できるものですので、できる限り有酸素運動を中心に行っていきます。筋トレは筋トレ器具やスポーツジムを活用すると効率よく鍛える事ができます。