二度と太らない!完全無欠ボディの作り方

二度と太らない!完全無欠ボディの作り方

 

二度と太らない!完全無欠ボディの作り方知ってますか?

 

短期間で体重を落とすには食事制限をするのが最も効果的ですが、食事制限だけでダイエットをすると脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまいます。

 

 

筋肉が落ちると基礎代謝が悪くなるので、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。つまり、食事制限だけでダイエットをすると、食事制限を止めた途端にリバウンドをしてしまう可能性が高いのです。そのため、ダイエットをする時は食事制限だけではなく、同時に運動もして筋肉が落ちないようにすることが大切です。

 

 

水泳やジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動はエネルギー消費量が大きく、脂肪を燃焼させる効果もあるので、長期的に行えば高いダイエット効果が期待できます。特に水泳はジョギングやウォーキングなどと比べると消費エネルギー量が多いので、できるだけ短期間でダイエットをしたい場合は定期的に水泳を行うと良いです。また、水泳は膝や腰への負担が少ないので、日頃あまり運動をしない人や体重が重い人でも体を痛めることなくダイエットができるというメリットもあります。

 

 

 

また、有酸素運動は20分以上続けて行う方がダイエット効果が高いですが、10分運動したらしばらく休憩し、休憩後にまた10分運動をするというやり方でも脂肪を燃焼する効果はあります。そのため、20分以上続けて有酸素運動をするのがつらいという人は最初は20分の運動を何回かに分けて行い、慣れてきたら20分以上続けて運動を行うというやり方でもかまいません。

 

 

また、有酸素運動を長期的に行えば高いダイエット効果が期待できますが、同時にエネルギーの消費効率が良くなるので、日常的に一定以上の負荷がかかる運動をしないとエネルギーが余っている状態になります。つまり、運動を止めた途端にリバウンドをする可能性が高くなってしまうのです。そのため、運動ダイエットをする時は有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングなどの無酸素運動も組み合わせて行うことが大切です。

 

 

無酸素運動は有酸素運動と比べると消費エネルギーが少なく、脂肪燃焼効果も低いですが、筋肉量を増やす効果があるので基礎代謝を向上させる効果があります。基礎代謝が向上すれば太りにくく痩せやすい体質になるので、運動を止めてもリバウンドが起きにくくなります。短期間でダイエットをしたいなら有酸素運動と無酸素運動の両方を毎日行う方が効果的ですが、長期的にダイエットを行うなら1日おきにこれらを交互に行っても問題ありません。

 

 

また、運動の効果は3〜4日で消えてしまうので、運動の効果を持続させるには週3日以上運動を行うことが大切です。